読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よこいち日記

想った事を、書き綴ります。思考のアウトプットの場所として。主にFootballから始めることにしました! twitter:@yokoichi26

振り向くな君は美しい。~沖縄サッカーの未来~

育成年代 高校サッカー 観戦記

昨日は、高校サッカー選手権の決勝を観戦に行ってきた。

http://www.okinawafa.com/category/120/sensyu/index.html

那覇西高校が知念高校を下して優勝。

 

2年ぶり、最近の5年間で3度目の優勝。

さらに現チームは結成後県内公式戦で無敗らしい。

その記録にも納得の決勝戦だった。

 

メンバー全員が高いスキルをベースに、ゲームを支配。

動きとパスの質で知念を圧倒する。

対する知念もそれを想定、コンパクトな2ラインで対応し、

攻撃は手数を掛けず、DFラインの裏を狙い続ける。

 

知念のプランもうまくハマり、決勝らしい膠着した展開が続いたが、

前半半ば、知念のクリアミスから抜け出した那覇西の左サイドハーフの選手が

落ち着いて先制点。

 

リードのある那覇西は、後半も引き続き安定したゲームを進行。

徐々に前掛かりになってくる知念のサイドの裏を突き、効果的な攻撃を仕掛ける。

追う知念もリスクを負って前に出るが、あまり前に人数を掛けられず、長いボールを多用する。

そうなると那覇西の2センターバックの安定感は抜群で、ほとんど決定機を作らせない。

終盤は疲れもあったか那覇西のフィニッシュの精度も低く、1-0のまま終了。

那覇西が”横綱相撲”でしっかりと優勝を決めた。

 

県内の高校サッカーは今後もしばらく、

「王者・那覇西とそれを追う強豪校」という構図は続くんだろう。

個々のスキルが突出してて、地力にはまだ差がある印象。

となると全国大会に出て自力で勝負できるのは、やっぱり那覇西、てことになる。

今チームの持つ堅守と、

決勝でも見せたテンポのいいパスサッカー。

あれが沖縄のチームが全国で戦うベースになると思う。

何年前だったか那覇高校がすごくいいサッカーで3回戦くらいまで行ってたな。

 

年末から全国大会がスタート。

最近の全国での成績は芳しくない。

(去年の宮古高校がどうだったか全く覚えていない…。ごめんなさい…。)

まずは持ち前の堅守をベースに、いい試合をしてほしい。

でも、安易に”勝ち”に走ることなく、

キャプテンもヒーローインタビューで言ってた、

”自分なんかのサッカー”(垢抜けないコメントでステキ…w)を貫いて、

やり切って帰ってきてほしい。

もちろん結果にも期待している。

 

知念高校もよく戦ってた。

君たちの未来は無限だーー。

 

追伸:

決勝戦、バックスタンドの両チームの応援団の声援は素晴らしかった。

試合終了後には、相手チームを称えるチャントも。

沖縄のサッカーは、まだまだ成長する。

そう思えた。

ありがとう。