よこいち日記

想った事を、書き綴ります。思考のアウトプットの場所として。主にFootballから始めることにしました! twitter:@yokoichi26

日韓番外戦〜代表ユニフォームと政治〜

昨日、サッカー日本代表のW杯用ユニ発表。 

サッカー日本代表 新ユニフォーム|アディダスジャパン – adidas Japan

 

それに対して、隣国の新聞が発表前から敏感な反応。

旭日旗を連想? 韓国で日本代表新ユニフォームが波紋を呼ぶ

 

韓国・国民日報命名「旭日旗ユニフォーム」。

名前にセンスがあるような、ないような。

そもそもこの記事にどれほどの韓国国民が反応してるんだろう。

 

 

日本と、日本に侵略された過去のあるアジアの国々との間には、確かに微妙な"感情の問題"が存在するんだろう。

それを踏まえると、外交でしばしば見られるような、”禁止ではないけど他国の感情に配慮して自粛”という自主規制が働くことは理解できるし、個人的にも、”イヤがる人がいるならやめとけば?"的思考だ。

とはいえ、代表のユニに政治的意図なんて皆無だ。

さらにそこにかつての侵略国ドイツのメーカー(アディダス)が絡んでるなんてことまでやり玉に挙げて…。(JFAはアディダスとずっと以前から長期サプライヤー契約中!!)

 

日本代表がこのユニを着用することで、「アジアはもちろん世界的論議を呼ぶ」(国民日報)とは到底思えないし、「国際サッカー連盟レベルの措置」とは、一体…。

 

韓国ばかりを悪者扱いする意図もないけれど、何でもかんでも政治的対象にしても、世界は変わらない。

まずはサッカーの世界からでも変わっていかないものか。

 

 

何かが言いたいのかわからなくなってきた。

そしたら、この曲を思い出した。


槇原敬之の『僕が一番欲しかったもの』なんとなく奥華子さん風? - YouTube

 

というわけで、こんな飛ばし報道なくなればいいな~。

サッカーに国境はない。

ありがとう!