読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よこいち日記

想った事を、書き綴ります。思考のアウトプットの場所として。主にFootballから始めることにしました! twitter:@yokoichi26

世界の中心で”日本にはJリーグがある!”と叫びたい。~レッズとフロンターレ~

Jリーグ 観戦記 浦和レッズ

一昔前、リーグ戦でレッズがガンバと当たる時が、一番ワクワクした。

 

そう遠くないある時期、確かにJを引っ張っていた2強の闘いは、スタイルの違い、そしてプライド。間違いなく激しく、熱く、そして面白いゲームになったからだった。

 

今は、”ワクワクする相手”は川崎Fになった。

昨季からだろうか。

僕自身が風間理論の信奉者というのもあるが、川崎は強い。そして楽しい。

でも何よりもこの闘いが面白くなるのは、両チーム共に自分たちのサッカーに対する確たる自信とプライドがあるから。

共に攻撃的。小細工なし。相手がどこだろうが、自分たちのサッカーをやる。それで勝つ。

 

今日の試合も、そうなった。

川勝さんも言ってたが、今季のJでベストゲームだったそうだ。

序盤はレッズがパワー掛けて闘って、自分たちのペースに。

川崎はどうにか凌いで、後半にレッズのプレスが緩み始めると、完全にゲームを支配。

前半はレッズが上回ったポゼッション、それと前半は互角だったパス本数とその成功率は、いつの間にか川崎が浦和のそれをはるかに凌駕。

耐えたレッズが、ゲームを動かす。

ワイドな展開から、右ウイングバックの折り返しに左ウイングバックがゴールへ叩き込む。

宇賀神ー青木ー梅﨑ー宇賀神。

その後も川崎の時間は続くが、レッズ守備陣がどうにか踏ん張りシャットアウト。

紙一重のゲームだった。レッズの5トップにも川崎普段通りの4バックで対応されてたがワンチャンスで勝ちきった、という感じか。

 

久しぶりに”1人テレビの前ガッツポーズ”が出たゲームだったが、やっぱり川崎は強かった。中盤のパス回しと崩しは圧巻。というか、単純に楽しい。

中村憲剛の存在感に、大島、森谷も見劣りしないし、レナトはやっぱり怖い。

 

最高のゲームだった。

両チームがこのスタイルを持って闘う限り、このゲームはいつも面白い試合になる。

きっと。

こういうゲームが増えてけば、埼スタにファンは戻ってくる。

そして、Jリーグは、もっと、思路白くなる。きっと。

フォルランだけじゃねーぞ、Jは。

 

良い夜だ。

明日は練習試合らしい。

俺もがんばろう。ありがとう。